An die Musik

鶴澤奏 シューベルトアルバム

配信・ご購入 »

フランツ・シューベルト

  1. ソナタ 第3番 ホ長調 D459
  2. 3つのピアノ曲 D946
  3. アダージョ 変ニ長調 D505
  4. クーペルヴィーザー・ワルツ D.Anh 1/14

鶴澤 奏(ピアノ)
2021 年 6 月 23 日~ 25 日、コピスみよしにおいて録音
使用ピアノ:1982年製ハンブルク・スタインウェイ D 型(タカギクラヴィア所蔵)

プロデューサー/ディレクター:内藤 晃
ピアノ・プロデューサー:高木 裕
レコーディング & ミキシング・エンジニア:北見 弦一

An die Musik - Kanade Tsurusawa Schubert Album [Official MV]
2021年12月13日 台東区ミレニアムホールにおけるリサイタルより
シューベルト:3つのピアノ曲 D 946 – 1. Allegro assai

鶴澤奏 特別インタビュー

CDリリースを控え、鶴澤奏さんに、いま思うことを語ってもらいました

CD発売記念公演

鶴澤 奏 ピアノリサイタル

日時

2021年12月13日 月曜 19:00–

会場

台東区生涯学習センターミレニアムホール(東京都台東区西浅草3-25-16)

曲目

シューベルト:3つのピアノ曲 D946、レントラーより抜粋
ブラームス:3つの間奏曲 Op.117、愛の歌(連弾)Op.52a より抜粋

チケット

一般 2,500円 / 学生 1,500円

詳細・チケットのお申し込み »

ピアノ

鶴澤 奏

高校3年時にピティナ・ピアノコンペティション特級にて銅賞を受賞し、本格的に演奏活動を始める。2016年に野島稔・よこすかピアノコンクールにて第1位を受賞した際には審査委員長の野島稔氏から「自分の内にある音楽を極めて自然に表出し(中略)作為のあとが見えない、けれん味のない音楽がそのまま楽曲の満ち足りた表現として十分に聴き手に伝わる」と評された。

現在主に日本と北米を行き来しながら活発に演奏活動を行っている。2019年にはカサルマッジョーレ音楽祭(イタリア)で弦楽器の公式伴奏者を務め、またカナダではバンクーバー交響楽団の管楽器首席メンバーらと共演するなど、室内楽奏者としての信頼も厚い。

菊地麗子、野島稔、清岡登志子、鈴木弘尚の各氏に師事し、東京音楽大学ピアノ演奏家コースを首席で卒業。在学中ヤマハ音楽奨学金を受ける。2017年よりバンクーバー音楽院に所属、Lee Kum-Sing氏のもと研鑽を積んでいる。